無人化ライン ワーク位置決め装置

自動車部品の無人加工ラインで加工ロボットがハンドリングできるようにAGV(無人搬送車)が搬送してきたワークを決められた姿勢にセットする装置です。
装置のクランパーでワークをつかみ、位置決めステーションで位置決めブロックに当てます。
品種によってクランプ可能な箇所や位置決めに使用できる外部形状が異なるため、上位からの車種信号を受けて自動段替えします。
導入後、お客様の手でバリの打ち抜き機構が追加されました。

設備グループ

他のグループ

主なお取引先(敬称略)

マツダ株式会社(本社、防府、三次)
トーヨーエイテック株式会社
マツダロジスティクス株式会社
三菱重工印刷紙工機械株式会社
コベルコ建機株式会社
広島アルミニウム工業株式会社

ページ上部へ戻る