塗装ガンロボット アクチュエータ変更

メーカー製作の自動塗装ロボットではガンのアクチュエータに外国製のものが使われていました。
価格が高く、納期も注文後1~2ヵ月かかり、修理・メンテナンス時に不都合が生じていたので日本メーカー(SMC)製のロータリーアクチュエータが使えるようにブラケットとカップリングを製作しました。
納期短縮とコスト削減ができました。

設備グループ

他のグループ

主なお取引先(敬称略)

マツダ株式会社(本社、防府、三次)
トーヨーエイテック株式会社
マツダロジスティクス株式会社
三菱重工印刷紙工機械株式会社
コベルコ建機株式会社
広島アルミニウム工業株式会社

ページ上部へ戻る